カテゴリー別アーカイブ: 種まき権兵衛

2014きほく燈籠祭

   権兵衛さんが海上に浮かぶ

'14tourousai

7月26日(土)手作り燈籠と花火が夏の夜を彩る紀北町の祭典「2014きほく燈籠祭」が長島港で

行われ、高さ8m、幅10m、重量2トンの巨大燈籠と3千発の花火が織りなす幻想的な光景に大勢の

見物客が酔いしれました。

今年は熊野古道世界遺産登録10周年で、主役の大燈籠は、馬越峠とゆかりの江戸時代の農民・

上村権兵衛の伝承「種まき権兵衛」がテーマとなりました。権兵衛は地元の人や旅人を悩ませた大蛇を

馬越峠で退治したと語り継がれる人物で、「権兵衛さん」と呼ばれ地元の英雄として慕われています。