カテゴリー別アーカイブ: 熊野古道

銚子川とごんべい桜

     ごんべい桜が満開に

002gonbeisakura1

006gonbeisakura2

種まき権兵衛の里周辺に「ごんべい桜」と名ずけ植樹をした「河津桜」が今年も満開となりました。

9年前から植樹を始め、約200本植えましたが、鹿の食害や台風被害などで無事育っているのは

60%程で、交流区間海山のメンバーが中心となり、今でも毎年補植をしています。

銚子川堤防の桜は9年目を迎え随分立派になり、先々が楽しみになってきました。

見物の来訪者も年々増えてきており、世界遺産熊野古道馬越峠・清流銚子川に色を添える交流空間

として大切に育てて行きたいと思っています。

2014きほく燈籠祭

   権兵衛さんが海上に浮かぶ

'14tourousai

7月26日(土)手作り燈籠と花火が夏の夜を彩る紀北町の祭典「2014きほく燈籠祭」が長島港で

行われ、高さ8m、幅10m、重量2トンの巨大燈籠と3千発の花火が織りなす幻想的な光景に大勢の

見物客が酔いしれました。

今年は熊野古道世界遺産登録10周年で、主役の大燈籠は、馬越峠とゆかりの江戸時代の農民・

上村権兵衛の伝承「種まき権兵衛」がテーマとなりました。権兵衛は地元の人や旅人を悩ませた大蛇を

馬越峠で退治したと語り継がれる人物で、「権兵衛さん」と呼ばれ地元の英雄として慕われています。

熊野古道馬越峠パトロール

  三重県議会議員5名が参加

002

008

1月27日(月)海山熊野古道の会が2か月に1度実施している、平成25年度5回目の

馬越峠パトロール(安全パトロール、清掃、除草、整備、等を行う)を行いました。

今回は除草・整備個所がなく、安全パトロールと清掃作業を行いましたが、柴田会員の紹介で

地元選出の津村県議他、会派新政三重の県議会議員4名が参加され、会員6名と町外の

古道関係者3名、計14名での清掃・パトロールとなりました。

地元議員以外の県議は馬越峠が初めてで、ガイドを兼ねた作業となりましたが、今年7月に迎える

世界遺産登録10周年に向けた課題等について現地で話し合うことができて、大変有意義な1日

となりました。